日本国内での日本語教師の需要

日本語教師はどれくらい需要があるのでしょうか?なりたい人も多いってホント!? - 日本国内での日本語教師の需要

アーカイブ

日本国内での日本語教師の需要

日本語教師、というと基本的には外国人向けの日本語授業をしたりして日本語を教えるという物ですね。
日本語を外国人に教えるとなると大きくパターンを分けると2つに分ける事が出来ますね。
それは、外国で日本語を学びたい外国人に教える事と日本語を覚えに日本にやってきた外国人に教える事ですね。

日本語教師は国内で需要があるのか

日本語教師悩む
日本語教師、というのは国内で言えば条件を選ばないのであれば需要はありますし条件を選ぶようにしてしまうとかなり需要は少なくなってしまうというのが実情ですね。
実際に、日本語教師の求人情報を見てみればその需要の実情を体感する事が出来るでしょう。
実際に見てみればわかるのですが日本語教師の求人数自体はかなり少ないですね。
しかも、日本語教師の求人は当然ながら採用条件が狭まってくるんですね。
求人情報は、少なくとも日本語教師養成講座420時間受講修了、大学での専攻をしての卒業、日本語教育検定の合格などの条件をクリアしていなければいけない、というような条件があるんですね。
基本的に3パターンのどれかだったりそのうちの一つをクリアしていなければいけない、という採用条件になっている事が多いんですね。
求人情報、というのは言ってみればその採用基準の過去問のようなものなんですね。
日本語教師の需要というのも正に過去問に近く採用条件が求められている需要という物を採用条件から計り知る事が出来るのです。
また、需要に関しては日本語を教えるというだけではなくどんな人たちに今日本語の教育が需要があるのかということも採用条件から図ることが大事なんですね。
例えば、どんな国の人たちから需要があるのかという事も求人を見ればわかるバロメーターなんですね。

日本国内の需要について

日本国内での日本語教師の需要、というのは数自体は結構あるんですね。
しかし、需要が多いから競争率が低いというわけではなく同時に日本語教師になりたいという人も同様に多く競争率はかなり高いんです。
だから、日本国内は需要と同時に供給も非常に多くかなり慢性的な飽和状態でかなり厳しいんですね。
更に、日本への留学生の数自体も実は昔に比べると減ってきているんですね。
それは、技術立国日本や日本の安全神話という物が様々な現代の状況によって崩壊してきている、というような状況がその状況を後押ししているのです。
日本語教師の需要が減りつつありながら、更に日本語学校はその当時の人気に合わせてたくさん出来上がった物ですから、日本語教師が多すぎるというような状態になってきているんですね。
更に、近隣の韓国や中国との関係悪化などから更に減少の見込みがあるという風に思われているのです。
しかし、その分最近ではインドや東南アジア、或いは欧米などからの留学生が少しずつ増えてきているので総合的に見ればそこまで需要が減りきってしまっているというわけではないんですね。
とは言え、まだ日本語教師就職の厳しさは今後も予断を許しません。

日本語教師を目指す人へ

特に、これから日本語教師を目指したいと思っている人、また日本語教育能力検定を頑張ってクリアした人ならば経験がまだ少ないですね。
それこそ、フルタイムでの就職はかなり厳しくなってしまいます。
最初のうちは非常勤講師やアルバイトなどが続くでしょうからチャンスをそこから頑張って伺い、就職先を見つけるような生活が続く事を覚悟しておきましょう。

おすすめ情報サイト

日本語教師になるには
●https://xn--euts3n8lg6bk91h.jp.net/

更新情報