日本国内での日本語教師の需要

日本語教師はどれくらい需要があるのでしょうか?なりたい人も多いってホント!? - 日本語教師の就職先

アーカイブ

日本語教師の就職先

日本語教師、というのはやっぱりその後の就職先が資格などを取った後に気になるでしょうね。
今回は、そんな日本語教師を目指して勉強している人や今後日本語教師になろうと考えている人のために、その後の就職先についてを紹介していきましょう。

日本語教師の就職先について

日本語教師になるためには、募集されている採用条件というのは日本語教師養成講座などを受講するなどの資格保持が必要になってきます。
しかし、そういった有資格者になったからと言って必ず日本語教師としての道が開けるわけではないんですね。
せっかく資格をお金と時間をかけて取得してもその後の就職で日本語教師として採用されなければ、もったいないですからね。
資格をせっかく取得したのに就職先が見つからないとお金と時間がただムダになってしまう、というところが大きいでしょうね。

日本語教師の昨今の求人情報について

こう言うと、日本語教師というお仕事はつぶしがきかないからやめておけと言っているように取れるかもしれませんが実際のところそんなことは全くありません。
日本語教師は、国内でも実は非常に需要が増えており求人がかなり増えてきているんですね。
だから、資格を取得した後就職先が全くなくなってしまうということはまずありえないので心配しなくていいです。
勿論、合格するかどうかは本人の頑張り次第ではあります。

日本語教師になるには

まず、いきなり正規講師になるのは難しいですね。
就職先があるとは言っても、殆どの募集条件はアルバイト講師や非常勤講師、パート講師と言ったような物ばかりです。
そこで、下積みをしてからようやく正規講師の道が開けるというところが実際のところなので理解した上で目指してほしいですね。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫