日本国内での日本語教師の需要

日本語教師はどれくらい需要があるのでしょうか?なりたい人も多いってホント!? - 日本語教師になりたい人

アーカイブ

日本語教師になりたい人

日本でも国内で、外国人を意識するグローバルな社会になってきましたね。
外国人旅行者、外国人留学生も日本に随分と増えて来ましたが実は、近年日本文化という物が外国から強い関心を受ける様になってきているんですね。

日本語教師の国内について

日本語教師、という仕事は実は非常に今人気の増えてきている職業で、国内だけ見ると特に主婦の日本語教師の人気がとても高まっているんですね。
実際、日本語教師になるための日本語養成講座は非常に人気になっており、実際受講するh糸の半数が主婦をやっている、という人が多いんですね。
お子さんがある程度大きくなり、時間に余裕ができた主婦がお子さんが幼稚園や学校に行っている時間を利用して受講をしているという人も結構多いんですね。

何故主婦に人気なのか

まず、日本語教師というのは通常の小、中、高の教師と違って一日中学校にいる必要がありません。
大学の授業のように、1日の内限られたコマ数の授業をするだけなので時間的拘束が少ないんです。
しかも、主婦というのは日々の生活の中で中々人と接する機会がないですから、生徒という複数の人と接してコミュニケーションを取る事が出来る教師という職業に憧れを持つ人も結構多いんです。
日本語教師というのは、言ってみれば主婦の隔絶された社会に社会とつながりを持つのにもいいということで人気になっているんです。

新しい自分の道を見つけたい

日本語教師を希望する人は、いわゆる学生の頃からその職につきたくて勉強をしているという人はかなり少ないんですね。
どちらかというと、一度社会に出たりして経験を積んでから日本語教師という道を目指す人が多いんです。
今特に希望者が増えているので狭き門です。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫