日本国内での日本語教師の需要

日本語教師はどれくらい需要があるのでしょうか?なりたい人も多いってホント!? - 日本語教師の給料とやり甲斐

アーカイブ

日本語教師の給料とやり甲斐

日本語教師、という仕事をする上で重要になって来るというか気になるところと言えばやはり何と言っても給料のことでしょうね。
他には、やり甲斐や仕事の有意義性など今後日本語教師を目指したいという人に対しての紹介をしていきましょう。

日本語教師の給料について

日本語教師は、立場にもよるのですが一番数が多い非常勤講師は時給制になっている事が多いですね。
大体、時給1500円から1800円くらいが平均的な相場になっていると言っていいでしょうね。
日本語教師、という職業は実は時給で換算するとそれほど高いわけではないんですね。
日本語教師の時給は、しかも教壇に立つ授業コマ数としての換算で発生する物で、当然ながら授業準備や採点、事務処理などの仕事の時間は考慮されていない事が多い、というのが現実的な考えとなっています。

お金よりもやりがい

日本語教師のお仕事は、アルバイトなどに比べると高いとは言ってもやはり正規の教員などの公務員に比べるとそれほど高いとは言えないでしょうね。
であれば、日本語教師というお仕事の魅力は何かと言う話ではありますがそれは給料の高さだったり生活を満たすための物というわけではないんです。
だから、日本語教師をやるという場合はどちらかというとやり甲斐という物を重視した仕事になっているので高い意識がないと続かないでしょう。

高い意識とは

日本語教師は、資格が採用条件になっていることも多いですし専門性の高い知識などを必要とするということもあってそれに見合った報酬を給料という形で還元してもらっているとは言い難いでしょうね。
なので、専門性のある仕事をする上で高い意識を持って仕事をする、というのはやり甲斐に充足出来る事です。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む