日本国内での日本語教師の需要

日本語教師はどれくらい需要があるのでしょうか?なりたい人も多いってホント!? - 日本語教師で就職先を見つけるには

アーカイブ

日本語教師で就職先を見つけるには

日本語教師になる、というお仕事に関してですが日本語教師のなり方、そして実際にどういう風に仕事をすればいいのか。
そして、どのくらいの費用や時間などがかかってくるのかということについてを紹介して行きましょう。

日本語教師になるためのルート

日本語教師になるためには、養成講座に通うのが一般的なルートになっていますね。
日本語教師としての採用条件になることは、3つほどの条件があるのですがその中でも特にポピュラーかつ選択されやすいのがこの養成講座に通うと言うものになっているんですね。
日本語教師養成講座は、主に文法や音声の理論科目、教壇に立つための実技科などの日本語教授法についても学ぶようになります。
日本語学校への応募条件の資格にはこう言った条件があるのですが大体こう言った講座を学校に通って受けると費用は50万から60万くらいかかります。

今は日本語教師になるチャンス

かつては、日本語教師になるのはせっかく講師になることのできる資格を持っていても、中々日本語教師としての就職先を見つける事が出来ないという時代がありました。
しかし、現在は実は今かなり日本語教師としての就職先は売り手市場になっている状況なんです。
実際、日本語学校の教師の求人数は1.5倍ほども増えているという言葉もある通り、特に東南アジアからの留学生が現在は増えているようですね。

コネのある学校を探そう

民間スクールでは、実は修了者を紹介してくれるところもあるんですね。
そういう民間スクールは、独自の日本語学校とのコネクションを持っているところもありますのでそういう学校を選ぶことによって、就職先をより確実に見つける事につながるというわけなのですね。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫